« だから 歩いて行こう | トップページ | ぼくであるために »

いつまでも

02

かつて 多くの夢をのせて あなたは 輝いていた
華やかなりし あの頃は いまはもう・・・
喧騒もなく ただ・・・


もう一度 ここを歩きたくて
また この場所へ

変わらぬ風景に 安堵する・・・
変わらぬ風景に 涙する・・・
空も 木も 風も 石ころさえも
ここにある 確かにここに
あなた以外の すべてのものが

何処までも続いていた・・・
何処までも・・・ 続いている


時はうつろい すべてをのみこんでいく

もう 何も望まない
ただ この場所が あのときが
懐かしく 温かく 大好きなだけ・・・



でも 立ち止まらない
ここから歩きだすことが 大切だから

つま先に触れた石ころが転がっていく
何事も終わりだと決めないで
岩から石へ 石から砂へ・・・

風が吹き抜けていく
終わってはいないよ 次への始まりだよ


帰る場所があるから 安心して旅立てる
ずっと この場所は あるよ・・・
きっと 出逢える・・・

心配しないで
いつでも どこでも
ココロは 真ん中にある
想うキモチが あるかぎり・・・





-fine-

Velvet Time ForeverComposed By Hiroshi Watanabe/Blue Piano Man

« だから 歩いて行こう | トップページ | ぼくであるために »

コメント

 takumamaさん、おはようございます。
 こちらこそ、気にいっていただいてありがとうございます。

 他人には決して推し量ることの出来ない辛さ、悲しさがあると思います。
 でも、少しでもその現実を共有することで、ほんの少しでも、それを和らぐことができるのであれば、いいなと思います。

投稿: みみけん | 2008/01/21 05:47

こんばんわ
『ここから歩き出すことが 大切だから』
本当に・・・。解ってるんですけどね。
『きっと出逢える』 はい。きっと・・・。
何度も何度も読ませていただきました。
涙は出ます。でも、勇気も出ます。
みみけんさんありがとうございます。

投稿: takumama | 2008/01/20 22:27

 soraさん、こんばんは。
 自分の詩を気に入っていただき、ありがとうございます。
 大変光栄で、嬉しいことです。

 風景と言葉と音楽で構成したこの空間を、一人でも多くの方が気に入ってくれたら、どんなにか励みになるか。
 ワンフレーズでも、誰かのココロに残れば・・・と思っています。

 正直、読んでくれる方がいるのか、不安でした。なので、soraさんやtakumamaさんからコメントをいただいたことを、心より感謝しています。

 気に入っていただいたうえに、それが何かの役に立つのであれば、喜んで紹介していただいてかまいません。
 これからも、末永くよろしくお願いします。

投稿: みみけん | 2008/01/20 19:22

こんにちは。
先日載せさせていただいた詩、
 みみけんの森で
すぐ飛べるようにリンクさせて頂きました。
(ブログの方も)

みみけんさんの 使う言葉は
なんとなく好きです。
なんとなく・・というのは失礼かもしれませんが、うまく言えませんが・・なんとなくぴったり合うという感じです。
とにかく いいです・・!
そしてピアノも素敵ですね。
また時々紹介させてもらうかもしれません。
よろしいでしょうか・・?


投稿: sora | 2008/01/20 17:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« だから 歩いて行こう | トップページ | ぼくであるために »