« ぼくであるために | トップページ | 旅人 »

きずな

04

この世界には きっと・・・

ともに 傍にいることを・・・
紡ぐ きずながある



広い 広い この世界で
あの場所で あのトキに
出逢えたことは・・・
起きたすべてのことは・・・
必然

紡がれるべくして 紡がれた・・・ きずな



移りゆく季節の中 歩みを添える
いつかは迎えくる そのトキまで・・・
望むのは・・・
いつも傍に 寄り添うこと



これからも 紡いでゆく
悠久のトキが 流れようとも・・・
あらゆるモノが 過ぎ去ろうとも・・・
確かにあった あなたとの出逢いを
このきずなを・・・

-fine-

Precious LoveComposed By Hiroshi Watanabe/Blue Piano Man

« ぼくであるために | トップページ | 旅人 »

コメント

 soraさん、おはようございます。
 自分の言葉が、少しでも励みになるのであれば、幸いです。
 大きなことは出来ませんが、出来ることを少しずつ続けて行きたいと思っています。これからも、よろしくお願いします。

 大丈夫です。
 あまりお気になさらずに。
 答えられることは答えますし、出来ないことは出来ないと云いますので。
 お気軽にコメントしていただければ。

投稿: みみけん | 2008/02/14 05:29

みみけんさんの言葉は
心が少し強くなるような気がします。^^
プラスの方向へ行かせてくれます。
有難うございます。

それと 変なことを聞いて失礼しました。
気になさらないでくださいね・・。^^


投稿: sora | 2008/02/13 19:48

 soraさん、こんばんは。
 「きずな」は、目には見えないですが、心の中で、強い想いがあれば、きっと紡ぎ続けていくと信じています。
 きっと、soraさんやお友達の心の中で、いつまでも紡がれ、何にも代えがたい財産になっていくのだと思います。

>名前の由来は・・?
 ゴメンなさい。あまり云えないですが・・・。
 みみけんのけんは、犬のけんです。
 答えになってないですけど・・・。

投稿: みみけん | 2008/02/13 18:59

娘自身が出逢った絆は
今もあの時のまま 持ち続けています。
そして、娘に出逢ってくれたひと達が
いま どんな想いで過ごしてくれるか・・
それだけでも 娘の生きた価値を見出せます。

娘を未来につれて行ってくれるのは
そんな風に出逢ったみんなの心の中です。

この曲も好きな曲です。


話は変わりますが、
みみけんさんの名前の由来は・・?
ちょっと聞いてみたくなったので・・。

投稿: sora | 2008/02/12 19:15

 takumamaさん、こんばんは。
 自分は「きずな」はきっとあると信じています。
 出逢うべくして出逢う。
 別れるべくして別れる。

 別れることは、とてもつらく悲しいことです(今生の別れであればなおのこと)が、きっと、そのことは次のなにかに紡がれていくんだと思います。

 別れは「きずな」が切れることではない。
 別れることも、ひとつの「きずな」なのだ、と。
 「きずな」は紡がれる。
 それを信じ、強い想いがあるかぎり、紡がれていく。

 「大切なものは、目に見えない。感じることが大事なんだ」と星の王子様も云っていた気がします。まさに、そう云うことだと思います。

投稿: みみけん | 2008/02/12 19:01

みみけんさん、こんばんわ。

きずな・・・確かにあったあなたとの出逢い
               このきずなを
本当に、この絆が切れることはありませんね。一生・絶対に・・・。

見えないきずなの糸を手繰り寄せて、
もう一度逢いたいなって思います。

この見えない絆を見るすべを
知ってる人がいるのなら・・・。
必然により出逢い、別れるのだとしても、
またいつかで会えることも必然なんですね。

そう思って生きて行きます。
この絆とともに・・・。

投稿: takumama | 2008/02/11 21:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ぼくであるために | トップページ | 旅人 »