« 強き思いがゆえに | トップページ | 鼓動 »

あなただけが・・・

15

廻りくる 季節
心乱れる 季節

あの日も
綿雪が 舞っていた・・・



湯気で曇る窓を 拭いながら
温かいココアを
両の手で 包み持つ

耳と鼻を 赤く染め帰ってくる
あなたを
いつものように待っていた



何も違わない 変わらない
あなたが いないだけ

あの日・・・
綿雪が舞う あの日と
何も違わない 変わらない
だけど あなたはいない



たった ひとつ
小さな歯車の ズレが
すべてを 狂わす



あの朝 小さな喧嘩をした
些細な 云いあい・・・
帰ってくれば
仲直りできたはずなのに・・・

もう 叶わない
・・・けっして



季節は廻り
歳月を繰る
あなたを のこし
わたしを のこし


廻りくる 季節
心乱れる 季節
何も違わない 変わらない
ただ
あなただけが いない









-fine-

Raindrops In My HeartComposed By Hiroshi Watanabe/Blue Piano Man

« 強き思いがゆえに | トップページ | 鼓動 »

コメント

 takumamaさん、こんばんは。
 ご訪問いただき、ありがとうございます。

 辛い想いを、なくすことは出来ないですが・・・。
 音楽や景色は、良くも悪くも色々な想いを蘇らせます。
 良い想い出を誘ってくれる音楽や景色、言葉もあると思います。
 いつか、そんなものが作れると良いのですが。
 少しでも、ほんの少しでも。
 

投稿: みみけん | 2009/01/22 19:29

あの日は綿雪ではなく、みぞれでした。
そして言いあいはなく、ただ私が・・・
『気をつけてね』の言葉を忘れただけ・・・。

同じ・・・です。
このまんまです。
何も違わない、変わらない。ただ
あの子がいないだけなんです。

どうしても雪が降ると乱れる心。
これは一生続くのでしょうね。
後悔という名の苦しみです。

投稿: takumama | 2009/01/21 19:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 強き思いがゆえに | トップページ | 鼓動 »