« ようこそ | トップページ

強き思いがゆえに

14

歩みが誘う この場所へ

ココロが欲する この場所へ
気がつけば
いつもの景色に 佇む



笑顔で手を振る あなたは
必ず帰る」と 云ったのに

泪はいらないよ また逢えるから
あなたは そう云ったのに




あのトキ なぜ止めなかったの
なぜ・・・ 
なぜ・・・ なぜ・・・

木霊のように 想いが戻ってくる
あの人は 戻らないのに




泣き出しそうな空が
古い傷跡を 疼かせる
癒されることのない ココロを

伝えきれなかった 想いが
こぼれ落ちてゆく
うつろいゆく 季節とともに
あなたの笑顔が・・・
薄れてゆく



辛いけれど
ココに 幕をおろす
尽きぬ想いに・・・
永久の 愛を誓う

想いは消えない イノチある限り
だから・・・
ココから 旅立とう
想いを胸に









-fine-

Ain't Gonna CryComposed By Hiroshi Watanabe/Blue Piano Man

コメント

 soraさん、こんばんは。

 当ブログを始めて、早一年が過ぎようとしています。
 初めての訪問、更にコメントまで頂き、本当に嬉しかったです。
 始めるにあたっては、すごく悩みました。誰にも見向きもされないんじゃないかと・・・。
 それだけに、最初のsoraさんの訪問&コメントは、とても励みになりました。
 そのうえ、soraさんの大切なHPに掲載していただくなど、言葉では言い表せないほど、感謝しています。

 自身もココに来ると、watanabe様の音楽や言葉を生み出す過程などを想い、心和やかな時間を過ごせます。

 ここのコンセプトである「あなたにも何か見つかるといいなぁ・・・」を大切に、ひとりでも多くの方に、心の安らぎが与えられる場所になっていくように、これからも頑張りたいと思います。
 心の痛みを、取り除くことは出来ませんけど、一時でも柔らかな時間を過ごせる、お手伝いが出来ればと思います。

 出発の年を、soraさんやtakumamaさんに支えられたことに、心より感謝しています。

投稿: みみけん | 2008/12/28 18:22

こんにちは。
今年は、、渡辺さんの音楽を通して、
みみけんさんの詩にも出会うことができました。
そして、詩も勿論ですが。。
コメントに対しての みみけんさんのお返事にも
助けられました・・(*^-^)
ありがとうございます。

また新しい年が明けようとしています。
「人生って・・」って すごく考えてしまいます。
そして 生きてること 生きれてること の素晴らしさを感じています・・。
(悲しさも感じますが・・)
娘の分も生きないと・・最後に私ができる事は そこかな・・って。  

投稿: sora | 2008/12/28 16:01

 takumamaさん、こんばんは。
 いつもご訪問いただき、またコメントをいただきありがとうございます。

 愛する人を失う辛さ、想いが募る辛さ・・・。
 余人には、とうてい計り知れない想いがあるのだと思います。

 でも、どうか自分を責めないでください。
 そして、幕を下ろすことは、決して終わりを意味するものではないと。
 最後のフレーズにあるように、想いは決して消えない。だからこそ、その想いを胸に、何が出来るのか。
 takumamaさんやsoraさんのHPやBlogは、その形のひとつだと、自分は勝手に思っています。

 HPやblogには、takumamaさんたちの想いがいっぱいありすぎて・・・。あまり訪問できていません。
 ごめんなさい。辛くて、とても悲しすぎて・・・耐えられなくなります。
 自分は、何も出来ませんが、悲劇が少しでも減ることを願って止みません。

投稿: みみけん | 2008/12/24 19:39

こんばんわ。
命日症状が酷く出ている私です。

『あのトキ なぜ止めなかったの・・・』

このフレーズがいつも頭の中をめぐっています。どうしてあの雪降る中、自転車で行くのを止めなかったのか・・・。
それは永遠の思い。
私には幕を下ろす日は来ないかもしれない。でも・・・思いは胸に生きていくんですよね。

悲しいけど、なんだか暖かな思いを感じました。

投稿: takumama | 2008/12/23 20:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)